熨斗(のし)と水引

熨斗はお中元やお見舞いなどのギフトに欠かせないものです。

現在の熨斗は印刷されたものが定番になっていますが、 印刷熨斗紙は掛け紙熨斗水引の3つから構成されています。

熨斗紙とは?

贈り物や進物を包む紙のことです。

熨斗と一体化している為、熨斗紙(のしがみ)と呼ばれていますが、本来は無地の掛け紙です。
贈り主や贈答品の名目(品名)を記入する奉書になります。
熨斗紙は印刷であっても紙質の良い紙を使用します。

熨斗とは?

熨斗は贈答品に添える飾りです。
折り方や飾り方に種類がありますが、厳密な使い分けは無いと言ってよいと思います。

形の種類
草、真、行

飾りの種類
蝶花形、宝づくし、飾り、わらび


高額な贈り物に付けるゴテゴテとした「飾り熨斗」


高額な贈り物に付けるゴテゴテとした「飾り熨斗」

短冊熨斗

短冊状の熨斗紙のミニ版です。
略式の熨斗紙として利用されています。

水引の種類

結びきり・本結び・真結び

風呂敷の持ち手にも使われている結び方でほどけません。

一生に一度の行事や繰り返してほしくない行事に使うと言われていますが、 由来は諸説あり、結びがシンプルなことから、親族への贈り物用だとも言われています。

結び

結び目が何度でも結び直せる事から、何度繰り返してもよいお祝い事やお礼などに用います。

蝶結び・リボン結び・花結び

歴史上、いつごろから使われだしたのか定かではありませんが、ラッピング的な結び方です。
お祝い事や挨拶などの幅広い用途で使えます。

あわじ結び・あわび結び

水引飾りと言えば、この形です。
慶事、弔事、神事、の全ての用途で使用することが出来、色で状況に適した使い分けをします。

梅結び、松結び、亀の子結びなどのアレンジ形もあわじ結びがベースになっています。

輪結び・引き結び

「丸く納める」という意味を持つ円状に丸めた水引です。
「縁を切らない」という意味も有り、 通常、余った水引は切って長さを調整しますが、輪結びは、なるべくハサミをいれずに作ります。

特に結婚式や結納品でよく使われます。
婚礼用の水引には、 皺が出来るまで共にという意味を込めて「老いの波」という水引を螺旋状にした加工も用います。

水引の向き

あわじ結びや蝶結びは左右で色分けされていることがあります。
水引の結びには陽と陰があると言われ、左右の位置にも意味があります。

淡い陽(左)
濃い陰(右)

2本の色を比較して薄い方の色が左、濃い方の色が右になります。
例外的に金色は常に陰(右)です。

水引の色

水引は色と色の組み合わせに意味を持っています。

皇室だけが使える水引の色

紅と白

水引で紅白というと、紅井(くれない)と呼ばれる黒と白の組み合わせです。
普段、目にする赤と白の組み合わせは、「赤白」と呼ぶのが正確な呼称です。

この紅井水引は角度によって色が変わる濃い玉虫色のような色です。
パっと見は黒色にしか見えません。
紅井水引は、皇室の祝い事のみ使われ、市販に流通することは有りません。

弔事のみに使用する水引の色

白と黒
白と黄

お葬式などのお悔やみごとの専用色です。

白と黄を弔事に使うのは関西地方と北陸地方の文化です。

由来は諸説ありますが、
黒が喪を表す色になったのは西洋文化が広まった明治以降であるということと、 歴史上、関西は皇室の御膝元であった期間が長い為、一見すると紅白に見える黒の使用を避けたのではないかと言われています。

以下は、専用色では有りませんが、色に意味があります。

弔事に使える水引の色

銀と黒

銀一色は双銀といい、教会での葬儀や女性が香典を出す時に使用する色と言われています。

神事に使われる水引の色


神社での神事に使用する水引は白一色です。

門松に使われる水引の色

金と赤

正月飾りである門松に飾る水引は金赤水引を使うのが慣例になっています。

最上の慶事をお祝いする水引の色

金と銀

特にめでたいお祝いに使います。

水引の本数

水引は本数にも意味を持っています。

偶数
弔事(お悔やみ事)

奇数
慶事(お祝い事)

水引の基本の本数は5本です。
これは、人の手の指を表しているという説と、 万物を火・水・土・木・金の5種類の元素から成ると考える中国古来の五行が由来であるとする説が有ります。

偶数=弔事のルールに習うと、弔事の掛け紙水引は4本や6本が正しいのですが、 100均等の安価な香典袋や弔事用の掛け紙では5本になっていることも有ります。

本数の例外

9本
奇数ですが、9は苦に引っ掛かるので慶事でも弔事でも使いません。

10本
婚礼や結納などの結婚にまつわる行事では、基本の5本結びの二重陽結びにあたる10本の水引を使用します。
両家から5本ずつ出したものが足されて10本に成るイメージです。

水引の産地

水引は和紙を糊水を引いて乾かして固めたものです。

和紙は楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの植物から作られた紙です。
和紙以外を原料にした水引やパルプ等の混ぜ物を多く使用した和紙から使られた水引は質が悪いです。

飯田水引
古くから和紙作りが盛んであった長野県の飯田市が水引の製造を行っています。
日本で流通している国産水引の大半は飯田が産地です。

加賀水引
水引を使った工芸品は石川県金沢市の希少伝統工芸に指定されています。
観光客向けの水引細工の体験教室も開催されています。

「熨斗と水引の使い方」はこちら