熨斗と水引の使い方

熨斗(のし)や水引で迷った時に使える早見表です。



シーンや用途に合わせ、イラスト付きでリスト化してます。
また、ブラウザの検索機能を使うと、「出産祝い」「還暦祝い」「香典返し」等のキーワードで一発検索できます。

熨斗や水引の使い方には複数の慣習や由来がある為、本やサイトによって説明が違ったりします。
このページの「熨斗と水引の使い方」は、迷わないように、地域差や宗派の違い無い、もっとも無難な形や色をピックアップしています。

以下、「熨斗紙と水引」と表記していますが、印刷されたものは熨斗紙上の熨斗や水引の形や色を指しています。

お祝い事(日常)

用途 : 開店、開業、卒業、新築、引越し

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

お祝い事(特別)

用途 : 出産祝い、初節句、還暦、喜寿、米寿、古希、白寿、銀婚式、金婚式

熨斗紙と水引の形

蝶結び(右側)推奨

熨斗紙と水引の色

金と銀を推奨
色の指定無し(好きな色で可)

※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

弔事

用途 : 法要、法事、初盆、仏事、弔事、納骨、〇回忌

熨斗は付けません。

従って、熨斗紙にあたるものの呼び名は「弔事用の掛け紙」です。

熨斗紙と水引の形

結び切り(右側)推奨

熨斗紙と水引の色

青と白、青とねずみ色(灰色)は、印刷水引のみで使用される新しい習慣です。

表書き(沿える言葉)

供物を送る場合
供物はお葬式に故人に対して贈る品です。
仏式は、「御供」か「御供物」、 宗派が不明な時は「御霊前」と書きますが、例外的に、キリスト教プロテスタントではマナー違反になります。
尚、「御仏前」という言葉は浄土真宗以外では49日が過ぎないと使えません。

お彼岸

熨斗は付けません。

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)

仏壇へのお供え物は黒と白か黄と白ですが、お坊さんへのお礼の品を贈る際は弔事の色を避けます。

表書き(沿える言葉)

季節

用途 : 挨拶、新年、正月、年賀、暑中お見舞、お中元(御中元)、お歳暮(御歳暮)

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

御〇〇

慶事

用途 : 結婚、婚礼、結納、引き出物

熨斗紙と水引の形

結び切り(右側)推奨

婚礼ごとに使う熨斗は特に派手に盛ります。
「飾り熨斗」を参照してください。)

熨斗紙と水引の色

表書き(沿える言葉)

挨拶

用途 : ギフト、進物、御礼、謝礼、誕生祝い、謝罪、軽いお祝い、感謝、お土産

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

お返し(弔事以外)

用途 : 出産お返し、御礼、お中元お返し、お祝いお返し、お歳暮お返し

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

お返し(弔事)

用途 : 香典返し

熨斗は付けません。

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

表書き(沿える言葉)

お見舞い

用途 : 快気祝い、手術、災害見舞い、お見舞い、お見舞いのお礼、快気祝いのお礼

熨斗は付けません。

熨斗紙と水引の形

水引は結びきりです。

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

御見舞い

お見舞いは見舞う相手の状況によって熨斗の有無と表書きが変わるので、要注意です。
完全に回復した時は下記の快気祝いになります。

快気祝い

用途 : 退院

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

快気祝い

賞品

用途 : 副賞、賞品、必勝、粗品

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

粗品か〇〇賞

陣中見舞い

用途 : 選挙、スポーツの試合、受験

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

表書き(沿える言葉)

お祭り

用途 : 奉納、奉献、地鎮祭、お供え

熨斗紙と水引の形

熨斗紙と水引の色

色の指定無し(好きな色で可)
※黒と白、黄と白、を除く

内熨斗と外熨斗

内熨斗(内のし)
贈り物が入った箱に熨斗紙をかけ、その上から包装紙でラッピングします。

外熨斗(外のし)
包装紙でラッピング後に、熨斗紙をかけます。

内熨斗と外熨斗に厳密な使い分けはありません。
お客さんの指定が無い時やどっちでも良いと言われた時は、用途や運ぶ手段で選びます。

何の品で有るか相手に明確に印象付けしたい
表書きが一目で解る、外熨斗

弔事
お悔みごとは、慎みを伝える内熨斗が無難と言われています。

贈り物が複数個有る
重ねて持ち運ぶことで熨斗紙が傷つく為、内熨斗

宅急便で送る
梱包紙や梱包箱を使用しない場合は、配送途中で熨斗紙が傷つく為、内熨斗

贈り先に紙袋で贈り物が渡される(ゴティバなど紙袋に商品のブランド価値有るもの)
二重包装の印象が強くなるので、外熨斗

表書きの書き方

水引の上に用途を書き、水引の下に名前を書きます。

弔事のみ薄い色を使用します。
筆ペンを使っても失礼にはなりませんが、筆ペンはインクが少なくなると薄くなるので注意が必要です。

連名の書き方
連名は3名までです。
4名以上になる場合は、「外一同」と書きます。

また、連名の順番は2名の場合は代表となる人が右、3名の連名の場合は中心に書きます。

ひとこと

ページ上部でも書いたように、熨斗や水引の使い方のルールは色々な説があり、 自分なりの常識を持っているお客さんも居ます。

明らかに間違っている場合は指摘すべきかお客さんに合わせるかは悩みどころです。